新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

10_80
Text_level_1
王維『雑詩』 ここでは、王維の詠んだ『雑詩(君自故郷来〜)』の書き下し文・現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。陶潜(陶淵明)の詠んだ『雑詩』ではないので注意してください。 白文(原文) 左から右に読んでください。 君 自 故 郷 来 応 知 故 ... (全て読む)
10_80
Text_level_1
杜甫 『登高』 ここでは、中国の詩人、杜甫のよんだ句「登高」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。この詩は、7つの漢字からなる句が8行続く、七言律詩の形をしています。 白文(原文) 左から右に読んでください 風 急 天 高 猿 嘯 哀 渚 清 沙 ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
余弦定理 余弦定理とはとある三角形ABCがあるときに成り立つ a^{2}= b^{2}+c^{2}-2bc\cos A b^{2}= c^{2}+a^{2}-2ca\cos B c^{2}= a^{2}+b^{2}-2ab\cos C の公式のことを言い... (全て読む)
17_80
Text_level_3
第一次世界大戦 第一次世界大戦中、日本は日英同盟を名目に中国のドイツ基地に攻撃をしかけます。 日英同盟では、どちらかの国が二カ国以上と戦争になった場合、同盟国に加わって戦争をするという契約をしていました。ですので日本はこれに沿って参戦したわけです。 第一... (全て読む)
9_80
Text_level_1
「かぐや姫の嘆き」の品詞分解 このテキストでは、竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」(八月十五日ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといたく泣き給ふ〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「かぐや姫の昇天」と題するものもあるようです。 2回にわけて解説してい... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1

2

3

4

3_80
Text_level_1
円柱 この立体は、円柱(えんちゅう)とよばれる立体です。この円柱をみながら、円柱の特徴について考えてみましょう。 上の面と底の面は合同で平行な円 円柱の上の面と底の面は、かならず円になります。この2つの円は合同であり、しかも平行な関係にあります。 展開す... (全て読む)
6_80
Text_level_1
【オイルショック】 1970年代に2度、オイルショックとよばれる原油価格の高騰に伴う経済混乱がありました。その背景について説明をしたいと思います。 【第1次オイルショックの背景】 第1次オイルショックの背景にあるのは、1973年に起こった第四次中東戦争で... (全て読む)
1_80
Text_level_1
矛盾(むじゅん) みなさんは矛盾という言葉をご存じですか?「つじつまがあわない」という意味で使われる言葉ですが、「矛盾=つじつまがあわない」となったお話をご紹介しましょう。 昔あるところに、矛(ほこ)と盾(たて)を売る商人がいました。商人が言うには 商人... (全て読む)
7_80
Text_level_1
このテキストでは、エネルギーとは何かということをまとめてみます。 まずは、エネルギーを発生させる力について学びましょう。 力のつりあい 力のつりあいとは? 力はつりあうという性質があります。 簡単にいえば、次のような状態を満たしている時、力はつりあいます... (全て読む)
6_80
Text_level_3
はじめに 政治的価値観、宗教の対立、独裁政権への不満、民族間の対立など、様々な理由から独立を求める運動は勃発します。 デモから過激なものになると紛争になることも少なくありません。 ここでは、今もなお紛争が続いている地域(2012年3月現在)についてまとめ... (全て読む)


マナペディア(manapedia)とは?
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。 ユーザーアカウントを作成すると、テキストの投稿やマイリストの作成などができます。
たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりしてみましょう。 あなたの大切なマナビは、世代や地域をこえて、多くの人のためになります!さぁ、今すぐ始めましょう!

新規登録(無料)


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
171,802,877 views (01/17更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari