新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
しゃうじいる/請じ入る ラ行下二段活用 |未然形|しゃうじいれ| |連用形|しゃうじいれ| |終止形|しゃうじいる| |連体形|しゃうじいるる| |已然形|しゃうじいるれ| |命令形|しゃうじいれよ| 意味:自動詞 招き入れる、導き入れる。 [出典]: ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しばし/暫し 副詞 意味 少しの間、しばらく、ちょっとの間。 [出典]: 花山院の出家 大鏡 「弘徽殿の女御の御文の、日ごろ破り残して御身も放たず御覧じけるを思し召し出でて、『しばし。』とて、取りに入りおはしましけるほどぞかし...」 [訳]:(花山天皇... (全て読む)
17_80
Text_level_1
はじめに 1590年の天下統一前後から、秀吉はそれまでのものとは違った政策を打ち出しました。それらの多くは江戸幕府に継承されたため、江戸時代の基礎を築いたとも言われています。ここでは土地や百姓に関する政策についてみていきましょう。 太閤検地 1582年~... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 それよりのちもふたたび許文ものして それよりのちもふたたび許文ものして、ことさだまりはてぬれば、この禅師(ぜじ)たちいたりて、京にいだしたてけり。ただひとりいだしたてけんも、おもへばはかなし。おぼろげにてかくあらんや、ただ親もし見給はばなどにこ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いみじき成敗/正直の徳 沙石集『いみじき成敗/正直の徳』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、問いに答えよ 唐土にいやしき夫婦あり。餅を売りて世を渡りけり。 夫、道のほとりにして餅を売りけるに、人の袋を落としたり... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
175,047,088 views (02/21更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari