新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 年またこえて春にもなりぬ 年またこえて春にもなりぬ。このごろ読むとて持てありく書(ふみ)とり忘れてあるを、とりにおこせたり。つつみてやる紙に ふみおきしうらも心もあれたれば あとをとどめぬ千どりなりけり かへりごと、さかしらにたちかへり、 心あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
草は 草は菖蒲(さうぶ)。菰(こも)。葵、いとをかし。 神代よりして、さるかざしとなりけむ、いみじうめでたし。 もののさまもいとをかし。 沢瀉(おもだか)は、名のをかしきなり。 心あがりしたらむと思ふに。三稜草(みくり)。蛇床子(ひるむしろ)。苔。雪間の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すべきやうなし/為すべき様無し サ行変格活用の動詞「す」の終止形「す」+可能の助動詞「べし」の連体形「べき」+名詞「やう」+形容詞「なし」の終止形「なし」 連語 意味 手の施しようがない、どうしようもない。 [出典]: これも仁和寺の法師 徒然草 「響き... (全て読む)
21_80
Text_level_1
南北問題 日本やアメリカ、ヨーロッパ諸国のように北半球に位置する国(先進国)と、アフリカ諸国のように南半球に位置する国(発展途上国)とで起こっている経済格差の問題のことを南北問題と言います。 南半球と北半球での問題なので南北問題。覚えやすいですね。 発展... (全て読む)
10_80
Text_level_1
はじめに ここでは、中国の役人で詩人でもあった張継の「楓橋夜泊」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。この漢詩は、役人の試験に落ちてしまった張継が、国に帰るために乗った船で詠まれたものです。落第したショックで眠れずに、ふと船外に出たときの明け方の情... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1



マナペディア(manapedia)とは?
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。 ユーザーアカウントを作成すると、テキストの投稿やマイリストの作成などができます。
たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりしてみましょう。 あなたの大切なマナビは、世代や地域をこえて、多くの人のためになります!さぁ、今すぐ始めましょう!

新規登録(無料)


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
164,200,523 views (10/19更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari