新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
とりあふ/取り敢ふ 「とりあふ」には ①取り敢ふ(ハ行下二段活用) ②取り合ふ(ハ行四段活用) などの用法があるが、ここでは「①取り敢ふ」を扱う。 ハ行下二段活用 |未然形|とりあへ| |連用形|とりあへ| |終止形|とりあふ| |連体形|とりあふる| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すはや ※感動詞「すは」と間投助詞「や」が一語になったもの。 感動詞 意味 あれっ、あっ、それっ。 [出典]: 富士川 平家物語 「すはや源氏の大勢の寄するは。斎藤別当が申しつる様に、定めて搦手もまはるらむ。とりこめられてはかなふまじ。ここをば退いて尾張... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おちゆく/落ち行く カ行四段活用 |未然形|おちゆか| |連用形|おちゆき| |終止形|おちゆく| |連体形|おちゆく| |已然形|おちゆけ| |命令形|おちゆけ| 意味1:自動詞 (戦などに敗れて) 敗走する、逃走する、落ちのびて行く。 [出典]: 富... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まはる/回る/廻る ラ行四段活用 |未然形|まはら| |連用形|まはり| |終止形|まはる| |連体形|まはる| |已然形|まはれ| |命令形|まはれ| 意味1:自動詞 回転する、まわる。 [出典]: 亀山殿の御池に 徒然草 「多くの銭を賜ひて、数日に営... (全て読む)
17_80
Text_level_2
明治文化 明治文化の特色としては、第1に従来からの日本文化を継承しながら、急速に西洋文化を受容し、日本独自の文化を築いたこと、第2に、当初は政府主導のもと発展したものの、次第に国民の自主努力によって国民文化となっていったこと、第3に、西洋文化を受容したこ... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1



マナペディア(manapedia)とは?
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。 ユーザーアカウントを作成すると、テキストの投稿やマイリストの作成などができます。
たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりしてみましょう。 あなたの大切なマナビは、世代や地域をこえて、多くの人のためになります!さぁ、今すぐ始めましょう!

新規登録(無料)


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
164,679,311 views (10/21更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari