新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
伊勢物語『武蔵鐙』 このテキストでは、伊勢物語の第13段『武蔵鐙』(昔、武蔵なるをとこ、京なる女のもとに〜)の品詞分解を記しています。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 |昔、|ー| |武蔵|ー| |なる|断定の助動詞「なり」の連体形| |をとこ、|ー... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『武蔵野』 このテキストでは、伊勢物語の第12段『武蔵野』(むかし、男ありけり。人のむすめを盗みて、武蔵野へ率てゆくほどに〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「野焼き」と題するものもあります。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 |むかし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『たのむの雁』 このテキストでは、伊勢物語の第10段『たのむの雁』(むかし、男、武蔵の国までまどひ歩きけり。さて、その国にある女をよばひけり〜)の品詞分解を記しています。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 |むかし、|ー| |男、|ー| |武蔵... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『西の京』 このテキストでは、伊勢物語の第2段『西の京』(むかし、男ありけり。奈良の京ははなれ、この京は人の家まださだまらざりける時に〜)の品詞分解を記しています。書籍に寄っては、「西の京の女」と題するものもあります。 品詞分解 ※名詞は省略して... (全て読む)
10_80
Text_level_1
杜甫 『登高』 ここでは、中国の詩人、杜甫が詠んだ漢詩「(※1)登高」(とうこう)の原文(白文)、書き下し文と現代語訳・口語訳、文法解説(七言律詩/押韻/対句など)を記しています。 白文(原文) ※左から右に読んでください 風 急 天 高 猿 嘯 哀 渚... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
175,047,088 views (02/21更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari