新規登録 ログイン
検索条件
科目 数学II
タグ

1

2

3

4

5

14_80
Text_level_1
高次方程式とは 整式P(x)=2x²+3x+4のとき、 "P(x)=2x²+3x+4=0" これは2次式ですね。 整式P(x)=3x³+3x²+2x+1のとき、 "P(x)=3x³+3x²+2x... (全て読む)
14_80
Text_level_1
指数関数を含んだ方程式の計算 前回のテキストでは、 2 ^{x} =64 を満たすxの値を考えながら、指数関数を含んだ方程式の解き方の基本を説明しました。今回は、試験でよく出題される応用の形をみ... (全て読む)
14_80
Text_level_1
因数分解 次の2次式を複素数の範囲で因数分解してみましょう。 x^{2}-2x+4 2次式の因数分解をする場合、 ax^{2}+bx+c=0 とおいて、この方程式の解を解の公式を使って求めてから... (全て読む)
14_80
Text_level_1
対数 2^{x}=16  …① 2^{x}= \frac{1}{2}  …② となるxの値を求めるとき、①は2を4乗すれば16になるのでx=4、②では2を-1乗すれば1/2になるので、x=-1と... (全て読む)
14_80
Text_level_1
θ+πの三角関数の公式 図において、"∠POA=θ"、"OP=r"とします。 そして原点を軸に、△POAを対称移動させた三角形を△QOBとします。 "∠QOB=θ"なので、色のついた部分の角度は... (全て読む)
14_80
Text_level_1
不等式の証明 「"a+b+c=x+y+z"を証明せよ」というのが等式の証明でしたが、今度は「"a+b+c>x+y+z"を証明せよ」という不等式の証明についてみていきます。 不等式の基本性質 不等... (全て読む)
14_80
Text_level_1
座標上の外分点 数直線上の外分点が理解できたら次は、座標上の外分点を求める方法をみていきます。 上図のようなA(x₁,y₁)、B(x₂,y₂)を結んでできた線分ABを"m:n"に外分する点をQ(... (全て読む)
14_80
Text_level_1
上図のような点A(x1,y1)、点B(x2,y2)の2点間の距離を求めよという問題があったとします。このとき、ABの距離の求め方は AB=\sqrt{\left ( x2-x1 \right ... (全て読む)
14_80
Text_level_1
2次方程式の解の符号 2次方程式"ax²+bx+c=0"の判別式を"D=b²-4ac"、2つの解を"α"と"β"としたとき、次のことが成り立ちます。 ・α>0、β>0⇄D>0、α+β>0、αβ>... (全て読む)
14_80
Text_level_1
斜線部分の面積を求めてみましょう ここまで学んできた積分ですが、一体何の役に立つの?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。次のような図形の面積を求めることができます。 a≦x≦bの範囲で、つねにf... (全て読む)

1

2

3

4

5


知りたいことを検索!

 数学II
 式と証明
   多項式の乗法と除法
   分数式
   恒等式/等式の証明
   不等式の証明
   二項定理
 高次方程式
   複素数
   2次方程式(判別式/係数の関係/数の大小)
   剰余の定理と因数定理
   高次方程式
 点と直線
   点の距離
   内分点/外分点
   座標上の多角形
   直線の方程式
   垂直/平行な2直線
   2直線の交点
   点と直線の距離
 円
   円の方程式
   円と直線の関係
   円:軌跡の方程式
   不等式の表す領域
 指数関数と対数関数
   指数と指数関数
   対数と対数関数
 三角関数
   三角関数
   加法定理/倍角の公式
 微分
   平均変化率・極限値
   微分係数と導関数
   微分:接線
   微分:関数の増大と極大・極小
   微分:最大値・最小値
   微分:関数のグラフと方程式・不等式
 積分
   不定積分
   定積分
   積分:面積
 その他
   その他