新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

2

3

4

5

6

7

1_80
Text_level_1
連体詞 このテキストでは、連体詞の性質についてみていきましょう。 連体詞・・・なんだか難しそうですねぇ。 おくすることはありません!このテキストを読めばばっちり(のはず)です。 連体詞って? ま... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事」という歌について説明していきます。 原文 新しき年の初めの初春の 今日降る雪のいやしけ吉事 現... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ いづくより来りしものそ目交にもとなかかりて安眠しなさぬ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしてい... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 心なき身にも あは... (全て読む)
1_80
Text_level_1
形容詞 ここでは、形容詞の性質について説明していきましょう。 まず復習の意味もかねて、『形容詞』って何?というところから始めましょう。 形容詞とはざっくり言うと、名詞を修飾することばのことです。... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに 平家物語によると、 「磯へ七、八段ばかりになりしかば、舟を横さまになす」 ということで、那須与一から扇の的までの距離は75m~85mあたりといったところでしょうか。 矢を射るまでの心境... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしたり天の香具山」という歌について説明していきます。 原文 春 過ぎて 夏きたるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「ひさかたのひかりのどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ」という歌について説明していきます。 原文 ひさかたの ひかりのどけき 春の日に し... (全て読む)
1_80
Text_level_1
春はあけぼのの品詞分解 清少納言が書いた枕草子の中から、「春はあけぼの」の品詞分解を行っています。 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 |春|ー| |は|係助詞| |あけぼの。|ー| |やうや... (全て読む)
1_80
Text_level_1
国民の祝日 2013年現在、日本には1年に15日の国民の祝日があります。 |祝日の名前|日にち|内容| |元日|1月1日|年のはじめを祝う。| |成人の日|1月の第2月曜日|大人になったことを自... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他