新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

2

3

4

1_80
Text_level_2
読解力があれば、と言うけれど。 ではどうやってそれを鍛えればいいか。 そう思ってる内は変わりません。方法論で足踏みをしてしまうから。 かといって、よく言われる「本を読む」にしてもそれだけに時間を... (全て読む)
1_80
Text_level_1
ある人、弓射ることを習ふに 徒然草『ある人、弓射ることを習ふに』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、問いに答えよ ある人、弓射ることを習ふに、諸矢をた... (全て読む)
1_80
Text_level_1
前回に続いて、2012年度の中学入試によく出題された四文字熟語の意味、由来や同じ意味をもつ言葉について説明しています。日能研の中学入試問題データを参照しています。 異口同音(いくどうおん) ◆... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、評論文・論説文ではどのようなことが書いてあるのか、そして文章をどのように展開しているのかについて説明をしています。 評論文・論説文って? まず評論文や論説文についてで... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 思ひつつ 寝ればや人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
前回のおさらい 前回のテキストでは、動詞の活用形について説明しましたね。 動詞の活用形には、未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形・命令形という6つのパターンがあるんでしたね。 今回は動詞の活用... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに おくの細道は、江戸時代の詩人松尾芭蕉によって作成された紀行文です。地元の伊賀から東北、北陸を旅したときに詠んだ俳句集というわけです。ここでは、おくのほそ道の中でよく目にする句の解説をし... (全て読む)
1_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)
1_80
Text_level_1
むしずが走る むかむかするほど不快である、腹が立つ、イライラすることを”むしずがはしる”と言います。漢字では"虫唾が走る"もしくは"虫酸が走る"と書きます。そもそもこの"むしず"とは何なのでしょ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「人はいさ心も知らず ふるさとは花ぞ昔の香ににほひける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 人はいさ心も 知らず ふる... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他