新規登録 ログイン
検索条件
科目 生物
タグ

1

2

3

4

24_80
Text_level_1
はじめに 脊椎動物の体細胞は、体液と呼ばれる液体によって満たされています。 体液は、血管を流れる血液、細胞間を満たしている組織液、そしてリンパ管を流れるリンパ液の3種類に分けられます。 ここでは... (全て読む)
24_80
Text_level_1
前回のおさらい 前回、前々回と2回にわたって、体液の種類( 血液、 組織液、リンパ液)とその役割について述べてきました。今回はその最終回、リンパ液についてです。 リンパ液 リンパ液とは、リンパ管... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに 細胞は生物を構成する最小単位ですが、その細胞の中には様々な小器官が存在しています。 ここではその小器官の構成要素についてまとめています。 |器官の名前|構成要素| |核|タンパク質・核... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに 地層が地球上にできてから現代に至るまで約40憶年ありますが、この期間を地質時代と言います。この地質時代は大きく分けて「先カンブリア時代」、「古生代」、「中生代」、「新生代」の4つにわけ... (全て読む)
24_80
Text_level_1
重複受精とは 被子植物の受精は、卵細胞と中央細胞との2箇所で同時に起こります。2箇所で起こるから重複受精です。この重複受精は、被子植物のみで、裸子植物では行われません。 被子植物とは、菊や蘭など... (全て読む)
24_80
Text_level_1
体内受精と体外受精 雄から放出された精子は泳いで卵子のところにいく必要があるので、受精のためには精子が泳ぐための水分が必要になります。 受精には水分が少なくてもすむ体内受精と水分の多いところで行... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに ここでは、植物の特性である屈性と傾性について(特に屈性について)説明をしています。 屈性 植物を育てているときに、植物の茎が光のある明るい方向へと向かって伸びているのを感じたかたも多い... (全て読む)
24_80
Text_level_1
ホルモンとは 我々の体内の中では、ホルモンと呼ばれる分泌液が生成されています。 このホルモンには多くの種類があり、それらはある決まった器官で合成・分泌されます。生成されたあと血液にのって体内をめ... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに 細胞は生物を構成する最小単位ですが、その細胞の中には様々な小器官が存在しています。ここではその小器官(核小体、核膜、核液、染色糸)のはたらきについてまとめています。 細胞小器官のはたら... (全て読む)
24_80
Text_level_1
はじめに 免疫には、抗体が絡んでくる体液性免疫(液性免疫)と、抗体の関与しない細胞性免疫の2種類があります。ここではそのうちの体液性免疫について説明していきます。 体液性免疫のしくみ 体液性免疫... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 生物
 生物基礎:生物と遺伝子
   生物基礎:細胞とエネルギー
   生物基礎:遺伝とDNA/タンパク質の合成
 生物基礎:生物の体内環境の維持
   生物基礎:体液の性質
   生物基礎:自律神経とホルモン
   生物基礎:免疫
 生物基礎:生物の多様性と生体
   生物基礎:植生とその遷移
   生物基礎:気候とバイオーム
   生物基礎:生態系/生物の多様性
 生物:生命現象と物質
   生物:細胞と分子
   生物:タンパク質の機能・特徴/酵素
   生物:代謝(呼吸/光合成/窒素同化)
   生物:DNAとその発現
   生物:バイオテクノロジー・遺伝子の応用
 生物:生殖と発生
   生物:生殖
   生物:動物の発生
   生物:植物の発生
 生物:生物の環境応答
   生物:動物の環境応答(刺激の受容と反応)
   生物:植物の環境応答(植物ホルモンと光受容体)
 生物:生態と環境
   生物:個体群と生物群集
   生物:生態系と生物多様性
 生物:生物の進化と系統
   生物:生物の進化
   生物:生物の系統
 その他
   その他