新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
うひうひし/初々し 形容詞・シク活用 |未然形|うひうひしく|うひうひしから| |連用形|うひうひしく|うひうひしかり| |終止形|うひうひし|◯| |連体形|うひうひしき|うひうひしかる| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すぐみち/直道/直路 ※「ただち」とも。 名詞 意味 まっすぐな道、近道。 [出典]: 那須野 奥の細道 「那須の黒羽と云所に知人あれば、是より野越にかかりて、直道をゆかんとす。」 [訳]:那須... (全て読む)
9_80
Text_level_1
くる/暮る/昏る ラ行下二段活用 |未然形|くれ| |連用形|くれ| |終止形|くる| |連体形|くるる| |已然形|くるれ| |命令形|くれよ| 意味1:自動詞 日が暮れる、日が落ちて暗くなる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とりそふ/取り添ふ ハ行下二段活用 |未然形|とりそへ| |連用形|とりそへ| |終止形|とりそふ| |連体形|とりそふる| |已然形|とりそふれ| |命令形|とりそへよ| 意味:他動詞 付け加... (全て読む)
9_80
Text_level_1
をこがまし/痴がまし 形容詞・シク活用 |未然形|をこがましく|をこがましから| |連用形|をこがましく|をこがましかり| |終止形|をこがまし|◯| |連体形|をこがましき|をこがましかる| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ことにふれて/事に触れて 連語 意味 何かにつけて、機会があると。 [出典]: 三文にて歯二つ 沙石集 「ある在家人の、慳貪にして利養を先とし、事にふれて商ひ心のみありて、徳もありけるが、『虫の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
慳貪なり/けんどんなり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|けんどんなら|◯| |連用形|けんどんなり|けんどんに| |終止形|けんどんなり|◯| |連体形|けんどんなる|◯| |已然形|けんどんなれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころざま/心様 名詞 意味 心のあり方、性質、気立て。 [出典]: 三文にて歯二つ 沙石集 「少分の事なれば、ただも取るべけれども、心様の憎さに、『ふつと一文にては取らじ。』といふ。」 [訳]... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すぐる/勝る/優る 「すぐる」には ① 選る ②勝る/優る などがあるが、ここでは「②勝る/優る」を扱う。 ラ行下二段活用 |未然形|すぐれ| |連用形|すぐれ| |終止形|すぐる| |連体形|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ふきたつ/吹き立つ [※「ふきたつ/吹き立つ」には、 ①タ行四段活用 ②タ行下二段活用 の用法がある。 ①タ行四段活用 |未然形|ふきたた| |連用形|ふきたち| |終止形|ふきたつ| |連体形... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 古文
 文章の読み解き
   文章の読み解き
 古文常識・文学史
   古文常識・文学史
 文法
   文法
 ことば
   単語
 その他
   その他