新規登録 ログイン
検索条件
タグ プロイセン

1

18_80
Text_level_2
フランスとの対立 オーストリアとの普墺戦争を、7日間という期間で圧勝したプロイセンは、勢力を拡大していきました。 このプロイセンの動きに不快感を示していたのが、隣国フランスのナポレオン3世でした... (全て読む)
18_80
Text_level_2
ヴィルヘルム1世とビスマルク 19世紀に入るまで、ドイツは分裂状態にありました。この時代、力をつけていたプロイセン王に即位したのがヴィルヘルム1世です。 彼は、軍事力の増強によって他国を圧倒し、... (全て読む)
18_80
Text_level_2
イタリア・ドイツの統一で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 イタリアの統一 ・長い間分裂していたイタリアでは、次第にリソル... (全て読む)
18_80
Text_level_2
啓蒙と専制 (エカチェリーナ2世) 18世紀にはいると、プロイセンやオーストリア、ロシアで、啓蒙専制主義という統治理論が生まれます。 少しややこしいので、まず用語の整理をしましょう。 啓蒙という... (全て読む)
18_80
Text_level_2
絶対王政と啓蒙専制主義で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 フランスの絶対王政 ・アンリ4世の暗殺後即位したルイ13世は、... (全て読む)
18_80
Text_level_2
フランス革命のはじまりで押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 アンシャン=レジーム ・フランスには、以前から国王を頂点とした封... (全て読む)
18_80
Text_level_2
皇帝ナポレオンで押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 ナポレオンの戴冠 ・度重なる危機に対応するため、フランス国民は強力なリ... (全て読む)
17_80
Text_level_2
立憲政治 江戸幕府の文久年間に、蕃書調所所属の洋学者加藤弘之は、『隣草』を著し、欧米諸国の立憲政治を日本に紹介しました。また、彼は明治新政府に仕えたのちも、『立憲政体略』『真政大意』『国体新論』... (全て読む)
17_80
Text_level_2
憲政擁護運動 日露戦争後、東アジアの強国としての地位を確立した日本は、1907年(明治40年)の帝国国防方針で陸軍を17個師団から25個師団に増師し、海軍では戦艦・巡洋艦各8隻を中心とした八・八... (全て読む)

1