新規登録 ログイン
検索条件
タグ 阿倍仲麻呂

1

9_80
Text_level_1
『阿倍仲麻呂・阿部仲麻呂の歌』 このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の「阿倍仲麻呂」(十九日。日あしければ船いださず〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「阿倍仲麻呂... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「天の原振りさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」という歌について説明していきます。この歌は紀貫之の書いた土佐日記にも引用されています。 ... (全て読む)
18_80
Text_level_2
唐の衰退と唐代の文化で押さえておきたいポイント ※赤字部分が問題に出そうな部分です。赤色の暗記シートなどで隠して見てください。 武韋の禍 ・唐第3代皇帝の高宗(649~683)の后だった則天武... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ことなり/異なり/殊なり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|ことなら|◯| |連用形|ことなり|ことに| |終止形|ことなり|◯| |連体形|ことなる|◯| |已然形|ことなれ|◯| |命令形|こと... (全て読む)

1