新規登録 ログイン
検索条件
タグ ましかばの意味

1

9_80
Text_level_1
徒然草『神無月のころ』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から「神無月のころ」(神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ることはべりしに〜)の現代語訳・口語訳とその解説... (全て読む)

1