新規登録 ログイン
検索条件
タグ 僧正遍昭

1

17_80
Text_level_1
六歌仙とは 平安時代、ひらがなやかたかなが盛んになったことから、和歌が頻繁に詠まれるようになりました。紀貫之は万葉集以降で優秀な歌を集めて「古今和歌集」に編纂しました。 その中でも優秀な歌の詠み... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「みな人は花の衣になりぬなり苔の袂よかわきだにせよ」という歌について説明していきます。 原文 みな人は花の衣になりぬなり苔の袂よかわきだにせよ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ」という歌について説明していきます。 原文 天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとど... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「浅緑糸縒りかけて白露を珠にも貫ける春の柳か」という歌について説明していきます。 原文 浅緑糸縒りかけて白露を珠にも貫ける春の柳か 現代語訳(... (全て読む)
17_80
Text_level_2
国風文化 藤原氏による摂関政治が行われた時代の10世紀〜11世紀に栄えた文化を、国風文化もしくは藤原文化といいます。 菅原道真の建議により遣唐使の停止が決まった後も民間では交易が続き、中国の文化... (全て読む)

1