manapedia
古文単語「ながらふ/永らふ/長らふ/存らふ」の意味・解説【ハ行下二段活用】
著作名: 走るメロス
746 views
マナペディア(manapedia)とは、中学校・高等学校で勉強する科目に特化した、マナビを共有し合う場です。たくさんのテキストの中からあなたにあったマナビを探したり、あなたが学習・勉強してきたマナビを形に残したりすることができます。テキストの内容に関しては、他の参考文献をご覧になり、ご自身の責任のもとご判断・ご利用頂きますようお願い致します。

ながらふ/永らふ/長らふ/存らふ

ALT

「ながらふ」には
①永らふ/長らふ/存らふ
②流らふ
などの用法があるが、ここでは「①永らふ/長らふ/存らふ」を扱う。

ハ行下二段活用

未然形ながらへ
連用形ながらへ
終止形ながらふ
連体形ながらふる
已然形ながらふれ
命令形ながらへよ


意味1:自動詞

長く続く、長く留まる

[出典]:若菜上 源氏物語
「数ならぬ方にても、ながらへし都を棄ててかしこに沈みゐしをだに...」

[訳]: 数にも入らない身分ながらも、長く留まっていた都を捨ててあそこ(明石の国)に落ちぶれていたことだけでも...


意味2:自動詞

生きながらえる、長生きする

[出典]新古今和歌集・小倉百人一首
「玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることの弱りもぞする」

[訳]:(私の)命よ、絶えるのならば絶えてしまえ。このまま長く生きていれば、耐え忍ぶ力が弱って(心に秘めた恋がばれて)しまいそうだから。


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。