新規登録 ログイン

23_80 化学:有機化合物 / 化学:官能基を含む有機化合物

炭化水素以外の有機化合物 一覧表~炭化水素基と官能基~

著者名: 藤山不二雄
Text_level_1
マイリストに追加
炭化水素基

炭化水素から水素原子の一部を除いた原子団のことを 炭化水素基またはといいます。また、アルカン(単結合のみでできている炭化水素)から水素原子を1つはずした炭化水素基を、アルキル基と呼びますので頭の片隅にしまっておいてください。
メタンCH4から水素原子を1個除くと、-CH3(メチル基)

エタンC2H6から水素原子を1個除くと、-C2H5(エチル基)

アセチレンC2H2から水素原子を1個覗くと、CH2=CH-(ビニル基)


・※ここではメチル基とエチル基がアルキル基となります。
・※CH3やC2H5の前についている「-」は「マイナス」ではありませんのでご注意ください。

官能基

化学的な用語で表現すると、官能基とは、有機化合物の性質を決める働きを持つ原子または原子団のことをいいます。官能基には、それぞれ性質や化学反応が決まっています。ですので、物質の持っている官能基、反応するときに使う官能基によってその反応に絡んだ物質がどのような性質を持っているのかを推測することができるのです。

炭化水素以外の有機化合物

炭化水素以外の有機化合物は、炭化水素基と官能基とで構成されています。官能基によってどのような性質であるかが決まっているために、炭化水素以外の有機化合物は官能基で分類されることが多いです。下記にいくつか紹介をしておきます。

官能基構造化合物の例示性式
ヒドロキシ基-OHエタノールC2H5OH
アルデヒド基-CHOアセトアルデヒドC6H5OH
カルボニル基>COアセトンCH3COCH3
カルボキシ基(カルボキシル基)-COOH酢酸CH3COOH
ニトロ基-NO2ニトロベンゼンC6H5NO2
アミノ基-SO3HアニリンC6H5NH2


教科書や参考書にもたくさんのっていると思いますので、確認をしてみましょう。
大切なのは、 官能基がどのような構造をしているのかであって、特にここで物質名を覚える必要はありません。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『化学Ⅰ ニューグローバル』 東京書籍
『教科書 化学Ⅰ』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 27,536 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 7 pt 
 マイリスト数 3 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。